処理を自分で行おう

電気シェーバーがおすすめ

まず余計な毛を剃っておかないと、脱毛ができません。
自分で処理する場合は、電気シェーバーを使うのが良い方法です。
電気シェーバーは、元からお肌を傷つけないような構造になっているので安心できます。
除毛する際に剃刀を使う人が見られますが、少し間違えるとお肌を傷つけてしまいます。
傷がお肌に残っている場合は、脱毛ができないので注意しておきましょう。
背中など自分で届かない部分は、クリニックのスタッフにお願いしても良いですね。

除毛した後は、必ず保湿してください。
お肌が乾燥していると、うまくレーザーの光を毛の黒い部分に当てることができません。
効果が半減しているので、お店に行って施術を受けている意味がないでしょう。お肌に余計な負担を与えないように、優しく化粧品を塗りこんでください。
また日焼けもしないように、気をつけてお店まで行ってください。
日焼けは、レーザーの光を邪魔してしまう危険性があります。

クリニックに行く前は、制汗剤などを使わないでください。
よく拭きとったつもりでも、まだ毛穴に残っている可能性があります。
すると制汗剤の成分がレーザーを邪魔して、うまく毛が生える細胞を壊せないかもしれません。
さらに、体温が上がらないように注意しましょう。
身体の温度が高い状態で施術を受けると、炎症が起きやすくなります。
運動したり、お酒を飲んだりすることは避けてください。
落ち着いてクリニックに行って、施術を受けましょう。

≫ TOPへもどる